【滞在レビュー】マウレ山荘~温泉付き特別室編~

スポンサーリンク
  1. 北海道 遠軽町 丸瀬布 「マウレ山荘」
  2. いざ!館内へ
  3. いざ!チェックイン!
  4. いざ!ルームツアー!
  5. いざ!ひとっ風呂!
  6. いざ!夕食へ!
    1. おしながき
    2. ドリンクメニュー
      1. ワイン
      2. 日本酒・ビール・ノンアルコールビール・ウイスキー
        1. 日本酒
        2. ビール
        3. ノンアルコールビール
        4. ウイスキー
      3. 焼酎・果実酒・ソフトドリンク・ニキヒルズ グレープジュース
        1. 焼酎
        2. 果実酒
        3. ソフトドリンク
        4. ニキヒルズ グレープジュース
    3. 前菜
      1. 愛別産 雪の下きのこのみぞれ和え
      2. 北寄貝のとんぶり和え
      3. タコのマリネ
      4. ツブ貝の葱ソース
    4. スープ
      1. グリーンピースのポタージュ
    5. お造り 旬の三種盛り
      1. 釧路産 大兵
      2. 野付産 生帆立
      3. 本鮪 
    6. 魚料理
      1. 昆布森産 サクラマスのソテー アングオリーブソース
    7. 肉料理
      1. 十勝産 十勝牛ロースのポワレ マディラソース
    8. お食事
      1. 金目鯛と竹の子の炊き込みご飯
      2. 厚岸産 浅利のお吸い物
      3. 香の物
    9. 〆のお蕎麦
      1. 幌加内産 手打ち蕎麦
      2. もり汁
    10. デザート
      1. ブランマンジェ
      2. キャラメルアイス
  7. いざ!大浴場へ!
  8. いざ!朝食へ
    1. お膳
      1. ご飯
      2. 味噌汁
      3. タラの西京焼き
      4. マグロの山かけ
      5. きんぴらごぼう
      6. 酢味噌和え
      7. 納豆
      8. 漬物
      9. 大根おろし
    2. ハーフバイキング
      1. 味付け海苔
      2. ホタテのバターソテー・鶏肉のトマト煮
      3. コーンスープ
      4. テリーヌ・ホタテのマリネ
      5. 胡瓜・彩々野菜サラダ・ミニトマト
      6. 角食パン・クロワッサン・北海道コーンパン・レーズンパン・発酵バター・黒ぶどうジャム・さくらんぼジャム
      7. ヨーグルト・ゼリー・キウイフルーツ・オレンジ・ゴールドパイン
      8. アカシアはちみつ・マロニエはちみつ
      9. 緑夢ファーム 大地のソース さくらんぼ
      10. ケーキ・わらび餅
      11. オレンジジュース・りんごジュース・おこっぺ牛乳
      12. ホットコーヒー・お茶・紅茶
      13. お水・サックルズファーム トマトジュース 「あまえっこ」
  9. そしてチェックアウトへ…
  10. 今回のまとめ

北海道 遠軽町 丸瀬布 「マウレ山荘」

今回は遠軽町丸瀬布にある「マウレ山荘」にやってきました!

全体が白くてキレイな洋風のお宿です。

どんなお宿なのかわくわくしますねー

場所はこちら

公式サイトはこちら

【公式】マウレ山荘 | 北海道遠軽町にある欧風リゾート
マウレ山荘は、北海道・遠軽町の丸瀬布の森の中に佇む、北欧風の三角屋根に真っ白な壁が印象的なリゾートホテル。美肌効果の高い源泉かけ流しの温泉と、地元の食材を使ったコース料理が自慢の宿です。

いざ!館内へ

館内は白を基調とした洋館のような内装で清潔感があって明るく見えます。

円形のロビーはよく日が入ってとても明るいです。

ロビー横にはちょっとした図書スペースが設けられてます。

写真撮っておけばよかったんですが、北海道らしい本が多かったです。

いざ!チェックイン!

ウエルカムドリンクとして、なんとスパークリングワインでのお出迎え!これは最高!

そのお味はというと、辛口で甘みは少なめで炭酸ピリッと強め。

そしてテーブルのセンターに鎮座するのはピンクのマカロン

こちらは結構甘みはしっかりしていますが、クドさは感じません。思ってみれば初めてマカロン食べたかも(笑)

こちらの「マウレ山荘」は結構森の中にあるので周囲には電気柵が設置されているようです。

それと日帰り温泉施設の「ポッケの湯」も宿泊者は無料で利用できます。

※「マウレ山荘」の大浴場にはサウナがないので注意!サウナご利用の方は「ポッケの湯」へ!

チェックインが終わったらいよいよ待ちに待ったお部屋へ!

今回のお部屋は403号「温泉付き特別室」!ワクワクです!

いざ!ルームツアー!

早速ルームツアーと参りましょうか!

まずはリビングエリアから!

リビングスペースにはダブルベッドが2つ、ソファーが2脚、そして写真の後ろの壁面に壁掛けテレビがあります。

テラスエリアが涼しげでいい感じですね。

こちらがダブルベッド。ふかふかです。

こちらのテレビはなんと!ネットフリックス無料で見れちゃいます。

ちょっとゆっくりしながら好きな番組が見られるのもいいですね!

こちらがリビングの横にある和室

宿泊人数が多い場合ここに布団が敷かれるようです。

改装したのかドアの跡みたいな枠がありますね(笑)

ちょっと入り口の方に戻って、階段クローゼット

こちらのお部屋はなんとメゾネットタイプ!2階があるんです。

それでは2階に行ってみましょう!

階段を上がって右側にあるのがスタディスペースといった感じのこの場所。

僕が使うことは間違いなくないスペースです(笑)

そしてこちらが2階のベッドスペースとなっています。

基本的には一回のベッドスペースと同じですね。

さて1階に戻ってテーブルの上を見てみると、なにやらキラキラした包みナイフとフォーク

キラキラの正体は「パウンドケーキ」でした。

更にその横にはなにやら四角い紙が…

開けると今度は「マウレ山荘」のロゴの付いた四角い紙が…

中身は「メッセージカード」でした。支配人さんが書いてくれたのかな?

こういうちょっとしたことが結構嬉しかったりしますね!本文も直筆なら更にいいかもしれませんが(笑)

一階に戻ってこちらが洗面所になります。

向かって右側が「トイレ」、左側が「客室温泉」になっています。

これで部屋の中はほぼ一回りしてきたので「客室温泉」のチェックがてらひとっ風呂と行きましょう!

いざ!ひとっ風呂!

こちらが「客室温泉」の脱衣スペースとなっています。

バスタオル、作務衣、バスローブなんかが置いてあります。

このスペース、オープンに見えますが安心してください、ちゃんと中から施錠することも出来ますよー。

ここに置いてあるバスタオルフェイスタオルはこの「客室温泉」用で大浴場には別に用意していますので安心して使ってください。

そして嬉しいことになんと!この緑のロゴの入ったタオルはお持ち帰りしてもいいそうです!

マウレ山荘のロゴも付いていて、ふとした時に思い出すきっかけをくれそうで粋なお土産ですね。

そしていよいよ…扉を開けるときが来ました

じゃーーーーーーーーーーん!

これがこの部屋の「客室温泉」です!ちょっとレトロ感を感じるのは私だけでしょうか(笑)

湯船はなかなか広々としていて、2,3人は余裕で一緒に入れそうです。

そして残念ながら露天風呂というわけにはいきませんが、窓を開ければ外気を感じることができるのでなんちゃって露天風呂気分も味わえます。

肝心のお湯はぬるっと感のあるお肌しっとりタイプ

温度はちょっと高めで、風呂上がりは暑さが持続して全然汗が止まりません。湯冷めもしづらそうです。

そして風呂上がりに向かうのはもちろんここ!

これぞ至福の時間

ちなみにバルコニーからの眺めはこんな感じ。大自然です(笑)

いざ!夕食へ!

お部屋でゴロゴロしながら過ごすこと少々…

いよいよ待ちに待った夕食の時間になりました。

夕食の時間はチェックイン時に指定するスタイルとなっています。

夕食の会場は「レイラ」。なんかすでにオシャレ感出てます。

こちらの夕食でいただけるのはフレンチのコースになっていて今からワクワクですね。

会場はなかなかの広さですが、この時間は僕たちのグループのみで貸し切りでした。

間接光をいっぱい使った陰影のある照明が心地よい落ち着く空間を作り出しています。

テーブルマナーに全く縁のない僕にはこのナイフとフォークの配置を見ただけで緊張してきます(笑)

おしながき

前菜から始まりデザートまで全部で8つのメニューで構成されています。

ドリンクメニュー

ワイン

ウ・メス・ウ・ファン・トレス・ブリュット(スペイン)」 グラス900円

ヴィニデルサ・ドゥーシェ・シュバリエ ドライ(スペイン)」 ハーフボトル3,000円

パスクワ ランブルスコ デッレミア 赤 甘口(イタリア)」 ボトル4,000円

北島秀樹 ケルナー(北海道 小樽市)」 グラス980円、カラフェ2,800円

ニキヒルズワイナリー ネイロ(北海道 仁木町)」 グラス1,350円、カラフェ4,000円

ルイシャド スティール シャルドネ(フランス ブルゴーニュ)」 グラス1,200円、カラフェ3,500円

北島秀樹 ツヴァイゲルトレーベ(北海道 小樽市)」 グラス980円、カラフェ2,800円

オチガビワイナリー キュヴェ カベルネ(北海道余市町)」 グラス1,700円、カラフェ5,000円

ル・オーメドック・ド・ジスクール(フランス ボルドー)」 グラス1,400円、カラフェ4,000円

日本酒・ビール・ノンアルコールビール・ウイスキー

日本酒

上川大雪酒造 特別純米 吟風(北海道 帯広市)」 180ml 1,300円

二世古 純米吟醸 彗星(北海道 倶知安町)」 180ml 1,150円

北斗随想 純米吟醸(北海道 栗山町)」 180ml 1,200円

男山 特別純米(北海道 旭川市)」 180ml 1,300円

国稀 特別純米酒(北海道 増毛町)」 180ml 1,250円

刈穂 山廃純米超辛(秋田県 大仙市)」 180ml 1,050円

天狗舞 山廃純米(石川県 白山市)」 180ml 1,100円

醸し人九平次 純米大吟醸山田錦(愛知県 名古屋市)」 180ml 1,550円

七田 純米吟醸 火入れ(佐賀県 小城市)」 180ml 1,290円

ビール

サッポロクラシック生ビール グラス」 800円

サッポロクラシック 瓶」 500ml 800円

ノンアルコールビール

サッポロ プレミアム アルコールフリー」 334ml 500円

ウイスキー

アバフェルディ 12年(スコッチ)」 シングル500円、ダブル950円

ワイルドターキー 8年(バーボン)」 シングル500円、ダブル950円

オールドパー 12年(スコッチ)」 シングル550円、ダブル1000円

マッカラン 12年(スコッチ)」 シングル1,200円、2,100円

焼酎・果実酒・ソフトドリンク・ニキヒルズ グレープジュース

焼酎

佐藤黒麹 芋 25度(鹿児島県)」 グラス750円、ボトル5,600円

北の麦焼酎 十勝無敗 25度(北海道 十勝新得)」 グラス500円、ボトル3,500円

北の蕎麦焼酎 トムラウシのナキウサギ 25度(北海道 十勝新得)」 グラス650円、ボトル4,500円

清里じゃがいも焼酎 北海道 清里〈樽〉25度(北海道 清里)」 グラス450円、ボトル2,900円

果実酒

鶴梅 完熟梅酒」 850円

鶴梅 柚子」 850円

子宝 山形りんご」 850円

子宝 ラフランス」 850円

子宝 マンゴー」 850円

ソフトドリンク

オレンジジュース」 400円

山ぶどう(ジュース・ソーダ)」 400円

カルピス(ウォーター・ソーダ)」 400円

コカ・コーラ」 400円

ジンジャーエール」 400円

天然炭酸水 ペリエ」 450円

スパークリングぶどうジュース ポールジロー ジュ・ドゥ・レザン カゼイフィエ」 4,400円

ニキヒルズ グレープジュース

ニキヒルズ 微発泡バッカル ケルナー 白ぶどう」 950円

ニキヒルズ ナイアガラ 白ぶどう」 850円

ニキヒルズ キャンベルアーリー 赤ブドウ」 850円

前菜

前菜は全部で4品。きれいな盛り付けです。

愛別産 雪の下きのこのみぞれ和え

きのこのコリコリ食感がいい感じ。

さっぱりとした味付けでペロリです(笑)

北寄貝のとんぶり和え

北寄の食感が今までに食べたことがない感じ。

今までの北寄がコリコリだとしたらこれはプリプリって言えばいいんだろうか、初めて食べる食感です。

タコのマリネ

たこがいい歯ごたえで新鮮さを感じさせます。

マヨネーズのないタルタルソースっぽい味付けで、玉ねぎの風味をしっかり感じられます。

ツブ貝の葱ソース

甘くて美味しい。ツブがコリコリと見せかけて柔らか食感。

スープ

グリーンピースのポタージュ

とてもなめらかでクリーミー

グリーンピースの青臭さは全然感じませんが、豆の旨味はしっかり感じられます。

お造り 旬の三種盛り

お刺身は醤油と塩でいただきます。

釧路産 大兵

オヒョウは身が柔らかく、口当たりがなめらかで程よい歯ごたえ。

野付産 生帆立

ホタテは甘みたっぷりで歯ごたえもしっかり。そして何より身が厚切り

本鮪 

マグロは見ての通りの極厚切り!もはやステーキ(笑)

ここまで厚切りだとマグロの旨味を濃く感じられます。

魚料理

昆布森産 サクラマスのソテー アングオリーブソース

サクラマスは臭みも少なく、身も柔らかく調理されています。

味付けもバターの風味と旨味が堪らない!

アングオリーブソースはオレガノ?の香りが結構するので好みが分かれるかも。

肉料理

十勝産 十勝牛ロースのポワレ マディラソース

見てください!この厚み

焼き加減もいい感じ

赤身が多く、肉肉しい中にも脂身がいいバランスで、脂もとろけるような旨味があります。

厚みがあるにも関わらずお肉は柔らかい

お食事

金目鯛と竹の子の炊き込みご飯

炊き加減は少々柔らかめ

金目鯛の脂と旨味がとけていて濃厚な旨味

みょうがとネギの風味がいいアクセントになっています。

これだけでお腹いっぱいにしたいぐらいの一品!

厚岸産 浅利のお吸い物

あさりの旨味と出汁が濃く溶け出していて、ちょうどいい塩加減でホッとする味わいです。

香の物

少し辛味のあるたくあんでコリコリです。

〆のお蕎麦

幌加内産 手打ち蕎麦

締めの蕎麦ということで少量ながらも、コシがとても強く瑞々しいです。

もり汁

つけダレは甘みが強く個人的には好きな味。

カツオの風味と旨味が濃厚に引き出されています。

この蕎麦だけでも食べる価値ありの一品!

薬味は少量ながらわさび、ネギ、大根おろしが添えられています。

デザート

ブランマンジェ

ブランマンジェは濃厚かつクリーミー

甘みは強めで満足感たっぷり!お腹いっぱいだけど食べられちゃうんだよなー。

キャラメルアイス

キャラメルアイスは甘みとキャラメルの風味が濃厚コク深い味わい。

口の中がキャラメル風味でいっぱいになります。

カットされたメロン、キウイ、ぶどうが添えられています。

いざ!大浴場へ!

お腹いっぱいになったあとは、いよいよ大浴場を攻めていきたいと思います。

タオルは大浴場に用意されているので手ぶらで行けるっていうのはホント楽。

大浴場手前にはこんなオシャレな休憩スペースが設けられています。

そして、その中央にはなんと!

焚き火が!!(笑)

実際は本物の焚き火ではないですが、ちゃんと煙が出てます。

蒸気に照明を当てて煙に見せるタイプのヤツですかね?

しかしながらこれはこれでいい雰囲気で出てます。

そしてもう一つ!このエリアの目玉

こちらのマッサージチェアはなんと…

使い放題です!!これは神サービス

軽く5回は使いました(笑)

それではいよいよ大本命!「大浴場」へ!

脱衣所は割と普通です(笑)

温泉 | マウレ山荘【公式】
美肌効果の高い源泉かけ流しの温泉が自慢の宿。北海道・遠軽町の丸瀬布の森の中に佇む、北欧風の三角屋根に真っ白な壁が印象的なリゾートホテル。地元の食材を使ったコース料理が自慢の宿です。

大浴場の中は公式サイトの写真でお楽しみいただくとして。

中には内風呂露天風呂打たせ湯があります。

この日は内風呂40.3℃、露天41.3℃といった感じでした。

サウナがないのがちょっと物足りないところではありますが、どうしてもサウナに入りたい方は「ポッケの湯」にあるのでちょっと面倒ですが、そっちに行きましょう!

こっちにはサウナがないのが本当に惜しいところ。

いざ!朝食へ

日が変わり、ちょっと起きるのが遅くなったのですぐに朝食の時間が来てしまいました。

朝食会場は昨日と変わってこちらの「パシパ」になります。

こちらの「パシパ」は昨日の会場よりちょっと広い感じがします。

そのせいもあってかテーブルが少し多いように感じられます。

昨日の夕食と違って何組か先客がいました。

お膳

朝食はこちらのお膳ハーフバイキングになっています。

ちなみに米と味噌汁はおかわり可能です。ありがたやー

ご飯

炊きたてホカホカご飯に勝るものなし!

味噌汁

具材は「わかめ」「舞茸」「玉ねぎ」「長ネギ」が入っています。

朝からの味噌汁はホッとしますし、体が温まります。

タラの西京焼き

味付けにしっかりコクがあり、タラの身はがふわふわで柔らか食感。

これはご飯がすすむくん!(笑)

マグロの山かけ

漬けマグロとろろ山わさびが入っています。

漬けマグロが結構しょっぱめですが、とろろがいい感じに和らげてくれてベストマッチ!山わさびの辛味も結構効いていて堪りません!

これもまたご飯がすすむ君!(笑)

きんぴらごぼう

ちょうどいい甘辛味コリコリ食感。

後味にちょっと酸味があって、これまたご飯がすすむ君(笑)

酢味噌和え

この葉物野菜はなんだろう?小松菜?ほうれん草?

ちょっと甘めの味付けですが、酢のおかげでさっぱりいただけます。

納豆

細かく刻まれたネギが混ざっている安心の「あの味」です。(笑)

漬物

漬物は「梅干し」「きゅうりの柴漬け」でした。

大根おろし

ハーフバイキング

せっかくいろいろな料理が並んでいるハーフバイキングだけど、お膳を食べたらもうお腹いっぱいでほぼ食べられませんでした…(笑)

朝からなかなかのボリューム感あります。

ここからは食べたものだけレビューしていきますよー

味付け海苔

こちは朝食バイキングといえば定番!みんな大好き「味付け海苔」!

みなさんよくご存知のあの味です!

ホタテのバターソテー・鶏肉のトマト煮

「ホタテのバターソテー」は、ホタテの身が肉厚でバターもたっぷり使われているので風味が濃厚!更にアスパラまで入って最高です!

コーンスープ

こちらもバイキングの定番「コーンスープ」。

テリーヌ・ホタテのマリネ

こちらどちらの食べずじまい…

胡瓜・彩々野菜サラダ・ミニトマト

こちらも食べずじまい…

角食パン・クロワッサン・北海道コーンパン・レーズンパン・発酵バター・黒ぶどうジャム・さくらんぼジャム

興部 ノースプレインファームの発酵バター」と「北見市 常呂町 緑夢ファームのさくらんぼ・黒ブドウジャム」が美味しそうだったけど食べられず…

ヨーグルト・ゼリー・キウイフルーツ・オレンジ・ゴールドパイン

ここからは「ヨーグルト」を頂きました。

さすが豊富産、コクのあるヨーグルトでした。

そのヨーグルトにかけるのはこちら!

アカシアはちみつ・マロニエはちみつ

遠軽町 花田養蜂園」の「アカシア蜂蜜」と「マロニエ蜂蜜」!

アカシア蜂蜜は割りと食べ慣れている感じの蜂蜜だったけど、マロニエ蜂蜜はなんか初めての味わい。

初めて食べたんですが、甘さはしっかりあるものの、さっぱりしていて若干の酸味を感じる蜂蜜。

緑夢ファーム 大地のソース さくらんぼ

これは完全にノーマーク。写真見返してたら見つけた…

大地のソース さくらんぼ」なんてめっちゃ美味しそうな名前なのに…

ケーキ・わらび餅

きなこ好きには嬉しい「わらび餅」!欲を言えば黒蜜が欲しかった…(笑)

オレンジジュース・りんごジュース・おこっぺ牛乳

興部町 ノースプレインファームのおこっぺ有機牛乳

さすがにいつも飲んでる牛乳よりも断然コクが違うし、甘みも濃くてこれは文句なしにウマい!

ホットコーヒー・お茶・紅茶

お水・サックルズファーム トマトジュース 「あまえっこ」

このトマトジュース、トマトがとても濃い

無塩のトマトジュースみたいなので若干の酸味はありますが、トマトが濃厚で一口で良いトマトジュースだってわかりますね。市販の安いトマトジュースとは比べ物になりません。

グラスやカップは色々な種類が用意されていますよー

ありがたいことにお持ち帰り用のカップも用意してくれています。

そしてチェックアウトへ…

お腹いっぱいご飯を食べたあとはお部屋でコーヒーを飲んだり、温泉に入ったりしてゴロゴロ。

あっという間の滞在時間でしたが、とうとうチェックアウトの10時になってしまいました。

今回のまとめ

・夕食の素材の良さ

・朝食のボリューム

・なかなか珍しい大人数でも泊まれる温泉付きの客室

・使い放題のマッサージ機

・大浴場にサウナがないのが残念

コメント

タイトルとURLをコピーしました